子どもの歯科治療なら蒲田のむしが歯科_TOP > 子どもとの接し方

お子様を歯医者に連れて行くときは……

お子様が虫歯になってしまったら、治療を受けさせる必要があります。しかし、多くのお子様は歯医者に行きたがらないもの。ここでは、お子様が歯医者嫌いにならないためのちょっとしたコツをご紹介しましょう。

歯医者に行く前は……

嘘を言わない

「痛くないよ」や「診るだけだよ」など事実ではないことを安易に言わないようにしましょう。子どもはだまされた気持ちになると、ますます歯医者行きたがらなくなってしまいます。

不意打ちで連れて行かない

心の準備ができていない状態で無理やり連れて行かれると、子どもは必要以上に歯医者を怖がるようになってしまいます。

歯医者を脅し文句にしない

子どもに対する脅し文句として「歯医者に連れて行くよ」と言っていると、歯医者は怖いところなのだという意識が植え付けられてしまいます。

なるべく子どもが機嫌の良い時間に

3歳ぐらいまでのお子様であれば、お昼寝の時間・空腹時などはなるべく避けたほうが良いでしょう。生活リズムを配慮して機嫌の良い時間に予約を入れてください。

医院内では

保護者の方がまずリラックス

子どもと一緒に保護者の方も緊張していては、子どもがさらに不安を感じてしまいます。笑顔でリラックスするようにしましょう。

「痛くない?」と聞かないで

治療中はつい痛くないかどうか聞きたくなりますが、「痛い」というフレーズを耳にすることでそれまで我慢できていたお子様が泣きだしてしまうこともあります。なるべく言わないように気を付けましょう。

治療後は

しっかり褒めてあげて

がんばって治療できたことをしっかり褒めてあげましょう。褒められることで子どもも自信が付き、次回の治療もがんばれるようになります。

上手く治療ができなくても叱らないで

逆に泣き叫んで治療ができなかった場合でも、責めないであげてください。そして子どもの様子をみながら、大人の膝の上に横になる・アーンとお口を開けさせてみるなど少しずつ練習してみると良いでしょう。

むしが歯科医院での取り組み

当院ではお子様がなるべく不安や恐怖を感じないように、以下のようなさまざまな工夫をして日々の診療にあたっております。

  • 嫌がる子どもに無理に治療をしない。大人だって嫌なものを無理やりされるのは嫌ですよね。
  • とがったもの・痛みを連想させるようなものは見せない。
  • 治療に用いる道具も慣れるまでは見せない。
  • プラスチック製のカラフルなトレーを利用するなど雰囲気に配慮する。
  • 写真を見せる・口腔内カメラで遊ばせるなどで子どもを楽しませる。
  • がんばって治療できた子には、大人気のキャラクター消しゴムをプレゼント!

  • 場合によっては、待合室で診ることもあります。
  • 治療用のライトを使わないので怖くない。お口の中に入ってから照らす特別なライトを使います。
  • ご兄弟の治療を積極的にみせて慣れてもらう。